FX 相場変動の重要

外国為替市場で最も取引量の多い通貨は、米ドルとユーロだ。円はかつてに比べて地盤沈下が激しく、一種のローカル通貨になっている。そのため、日銀短観の結果がよかったとしても、米国やEUの経済指標が堅調だと、円は買われずに、米ドルやユーロの買いが旺盛になる傾向が見られる。

チャートを読み取るテクニカル分析、「上昇傾向だから、そのトレントに乗って買おう」「下降傾向だから売ろう(売りからエントリーしよう)」為替レートのトレントに「乗っかる」のがトレント分析の基本。そのためには、現在の取引価格(ローソク足)や過去一定期間の為替レートの動き(移動平均線)を見ることがポイントです。

安定した経済状態から大きく下落する。要素がないとされる。優秀通貨、1万円ではじめるFX。連邦公開市場委員会、米国の連邦準備制度の金融政策に基づく公開市場操作(マネーサプライの調節、金利・為替水準の誘導等)の方針を決定す。

また、多少の経済指標等の変化は、市場の想定内であれば、事前に織り込み済みになっていることも多く、実際に発表された時には意外に反応が薄いこともあります。相場変動の重要な要素替相場を動かす本的な要因は……いろいろと見てきまし九が、ここでは根本的に為替相但愕参動かす要因について考えてみたいと思います。

FX 相場変動の重要” への1件のコメント

  1. こんにちは。これはコメント例です。
    コメントを削除するには、ログインしてその投稿のコメントを表示させてください。そこでコメントを編集したり削除したりすることができます。

Mr WordPress への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>