fx 取引

日本のGDPに占める設備投資の比率は25%程度。個人消費に比べて少ないものの、景気に大きな影響を及ばすことから、注目されている。概ね、景気の動向に対して半年程度の先行性があることから、景気の先行きを読むのに適した経済指標のひとつだ。基本的に景気が後退局面にある時は、企業もモノを作っても売れないため、製造設備の増強は行なわない。

均衡が永遠に靉くことはなく、必ず上下どちらかに動き出すときがやってきます。その方向性やタイミングを知るためにも、トレントラインが活四唯します。トレントラインの櫛似妙な傾きや狭まり方・広がり方を知ることによって、均衡状態の中に隠れているブレイクアウトの可丿能性や方向性がつかめるようになるのです。

「外貨ex」を始める前は、米国の経済指標に興味を持ったことすらなかったのですが、今では米国経済fx 取引について真剣に勉強するようになりました。自分で資料を集める時間がとれないので、「外貨ex」が開催しているセミナーに積極的に参加して情報を入手しています。

ただし、就業者数が増加していれば必ず相場が上昇するというものでもありません。上昇していても、その増加数が事前予想よりもはるかに少ない場合には、たとえ増加していてもドルが売られることがあるからです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>